古銭・近代貨紙幣のコーナーです。
オープン当時は珍しい小判・貨紙幣が多くあったのですが、
残念ながら画像が残っていません。
でも目一杯集めてみました。
お楽しみ下さい。
古銭・近代貨幣
総動員です。
元文小判金
タテ65mm程度ですが
なかなか味があります。
銀貨などは特別な溶液で
古色を取ってしまうのですが
さすがに小判には・・・
古銭は絶対磨かないでお持ち下さい。
銀の輝きを楽しむのは私だけで
いいで〜す。
ちょっと輝きすぎですよね〜。
左から 安政二分判金 嘉永一朱銀
安政一分銀
古色を取ってしまいました。
世に出た時はこのように
輝いていたのでしょう。
一分銀の集団です。
もっとたくさんお持ちのお客様に
売って頂きました。
一分銀には 天保一分銀・庄内一分銀・
安政一分銀・明治一分銀があります。
さてさて見分け方は?
穴銭・絵銭です。
何といっても穴銭は日本最初の貨幣
和同開珎ですが私はまだ見た事が
ありません・・・。
上段は天保通宝(百文通用)
中段左 咸豊重寶 右2枚は絵銭類
下段は皆様ご存じの寛永通寶です。
上の写真中段の拡大です。
天保通寶・琉球通寶です。
琉球通宝は薩摩藩が鋳造したとの事。
ここでは書けませんが、秘話があるみたい
です。
魚屋さんが出した私幣です。
状態悪し です。
近代貨幣 旧10円金貨 です。
あまりにも輝いていたので調べたところ
レプリカでした。
重量も金品位も正規品より上でした。
近代貨幣 一円銀貨から五銭銀貨まで。